shohei blog

Starbug1 1.6.01をさくらのレンタルサーバーで動かしてみた

仕事で使う必須ツールとなっているStarbug1ですが、最近はVPSを使う機会が増えたのでインストールにあまり苦労しなくなりました。

今回は久しぶりにレンタルサーバーを使う機会があり、多いにはまったので後日また苦労しないようにメモしておきます。

作者さんの解説記事
http://blog.starbug1.com/archives/285
こちらはちょっと古いのでそのままでは最新版のインストールができませんので、補足ということになります。

1)さくらでCPANを使えるようにする。

 

必要なライブラリが増えたのでCPANをインストールします。CPAN自体はそんなに大変じゃないですが、インストール先のパス設定をしないとroot権限無いからインストールできねぇ!って怒られます。

 

2)必要なライブラリをCPANでインストールします

3)元の解説記事を参考にMakefileを修正します

 

4)makeコマンド

 

gmake INITIAL_LOCALE=ja_JP static webapp

です。当方でさくらサーバー内のSQLite3のライブラリでのコンパイルは通りましたがdbaccessエラーがでました。

 

おかんタブ考察

知人より「お母さんにタブレットをプレゼントしたいのだが、どれを選べば良いか教えて欲しい」と相談を頂きました、結構悩んでしまったので記事にしちゃいます。

要件は以下の通り

  • 予算は3万円以内
  • 利用者は高齢の為できるだけ大画面(10インチ)が良い
  • 利用者はPCを使っていない、用途はネットで調べものをしたい程度
  • おうちにWiFi環境がある為、通信費は考えない。家だけで利用
  • プレゼントしたい(子)はドコモユーザー

上記の要件で、おかんに最適タブ考察してみる。なお、アフィな価格は掲載時の為変動の可能性有ります。

1.iPad mini(古いほう)  31,800円

若干予算オーバーながら使い易さ(とiPhoneユーザーが回りにいれば教えてもらえる)では抜群

2. Kindle Fire HD8.9  20,800円

充分予算内だけど(しかも今ならセールでだいぶ安い)Amazon以外の電子ブックや音楽アプリの選択肢は無い。あとGooglePlayも対応してないけど、おかん的には問題ないか。LINEは使えるよね。

3. dtab 9,975円(ドコモユーザーなら)

とにかく安い。特にドコモユーザーなら1万円て、中華メーカーなので質感もそれなり。でも利用上何かあればドコモショップにもっていくという技が以外と効くかも。

こんな3機種をピックアップしてみました。

8インチとかならもうちょっと選択肢はありますが、10インチでこの価格帯だとどうしても中華パッド中心になります。その場合dtabが価格で圧倒してるのであまりメリットは無いように感じます。

「ちょっとインターネット」端末としての実力

iPad mini の場合

現在Android4.2の10インチタブレットとiPad miniを使っていますが、UIの完成度や操作性を考えるとiOSが二歩くらいリードしてる感覚です。siriの精度もぼちぼち実用範囲ですし一日の長ですね。

Kindle Fire HDの場合

まだ機能が絞られてる分一般的なAndroid端末よりKindleの方が初心者には使い易いかもしれません。これはじっくり触ったこと無いのでそれくらいの印象。

dtabの場合

この3つの中では自由度が一番高い分、「ボタンいっぱいある」「どれを押して良いかわからない」といった感想が目に浮ぶ端末。そういった意味ではお勧め度は3番目になります。

テレビ電話として使う

せっかく自宅に高速回線があるのだからテレビ電話できると良いじゃないですか?遠くにいるお孫さんとかいればなおさらです。

iPad miniの場合

もちろん相手もiPad(or iPhone, iPod touch )であればFacetimeが手っ取り早い上に画質もなかなか良いです。Skypeやハングアウトのアプリでも可能。

Kindle Fire HDの場合

Google Playが無いのでアプリの入手性でつまづくかも、Skypeはあるみたいなのでそれほど大きな問題にならないですね。

dtabの場合

AppleのサービスであるFacetime以外は大体こなせます。

こんな感じでしょうか。 個人的には自宅では21インチのPCがいつも電源はいってるので殆どつかってないです。テレビのあるおうちではテレビ見ながらタブレットでちょっと調べものという光景は一般的なんでしょうか…うちにはテレビがないのでわかりませんが、簡単にアドバイスっするって難しいですねぇ。それでは!

リベルタ学舎のアウトドア部 部長としての初仕事と薪割りについて

こんにちは、砂田です。

あっという間に2013年も12月ですねぇ。
今年も本当に沢山のことがありました。わたくし2月には結婚しました、ブログには書いてなかった気がしますが。

最近はというと、凱風館という大きな存在の力に巻き込まれていく感じを味わっています。
リベルタ学舎という湯川カナさんの始めた試みもその一つ。
気がつけば嫁は「おにぎり部 部長」だし、自分も「アウトドア部の部長やってもらえる?」と言われたので二つ返事で了承。
一体何ができるのか?という状態だけども、楽しそうな事には積極的にクビを突っ込む姿勢を身上としているのでやってみることにしました。

今日ははその始めての活動日、なんだかすごいランバージャックス加古川さんの方々に美味しい御飯炊きを教わり、やたら美味い新鮮野菜たっぷりスープを頂き、あまーい焼き芋を食べました。
このランバージャックス 加古川さん、リンク先を見てもらえれば解りますが、薪割り結社らしいです。ただの薪割り集団とは違うんです、でも、ちょっとここでは、説明できないので、薪割りとか、自然とか、サバイバルとか、これからの人生に興味がある方はまずはWEBをチェックして下さい。
個人的には「この人らガチや…」という感じで圧倒されちゃいました、物事を言語化するのは得意じゃないですが、手持ちの表現力では追い付けてない感が半端ない。
そこは兎も角、美味しかったし楽しかった。って、自分は部長として何もしてなかったような気がします。

そんな訳で最初のアウトドア部 部長としての仕事はあまり芳しい働きはできなかったものの、今後の黒江山開発計画等や養蜂計画も楽しみ!

薪割り